金銭消費貸借契約書 003



金銭消費貸借契約書

 
 貸主  甲野太郎 (以下、「甲」という。)と 借主 乙川次郎 (以下、「乙」という。)と 乙の連帯保証人 丙山三郎(以下、「丙」という。)は、以下のとおり金銭消費貸借契約を締結した。

 
第1条  甲は乙に対し、本日、金〇〇〇〇円を貸付け、乙これを借受け、受領した。

第2条  乙は甲に対し、前条の借入金〇〇〇〇円を平成〇〇年〇〇月から平成〇〇年〇〇月まで毎月〇〇日限り金〇〇〇〇円也宛合計〇〇回にわたり、甲に持参又は送金して割賦弁済する。
ただし、最終回の弁済金は金〇〇〇〇円とする。

第3条  利息は元金に対し年〇〇パーセントの割合とする。

第4条  借入日を第1回とし、以後毎月〇〇日までに翌月〇〇日までの分を前払する。
ただし、平成〇〇年〇〇月〇〇日より、平成〇〇年〇〇月〇〇日までの利息は借入時に支払う。

第5条  期限後又は期限の利益を失ったときは、以後完済に至るまで、乙は甲に対し、残元金に対する年〇〇パーセントの割合による遅延損害金を支払う。

第6条  乙について次の事由の一つでも生じた場合には、甲からの通知催告がなくても、乙は当然に期限の利益を失い、直ちに元利金を支払う。
① 第2条の分割金又は第3条の利息を期限内に支払わないとき
② 住所変更の届出を怠るなど債務者が責任を負わなければならない事由によって、貸主に借主の住所が不明となったとき

第7条  連帯保証人 丙は、乙がこの約定によって負担する一切の債務について、乙と連帯して保証し、乙と連帯して履行の責を負う。

以上、本契約成立の証として、本書を三通作成し、甲乙丙は記名捺印のうえ、それぞれ一通を保管する。

平成〇〇年〇〇月〇〇日
      
                
(甲) 住所 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目○番○号
    氏名 テンプレ太郎    印

(乙) 住所 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目○番○号
    氏名 雛型次郎     印

(丙) 住所 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目○番○号
    氏名 保証人三郎    印


テンプレートの記載注意点


これは保証人がつくタイプのしっかりとした借用書ですね。
支払方法や、不履行になった時のことなどが書いてあります。
このあたりになると、「期限の利益」など、ちょっと
専門的な用語が入ってくるので、知らずに使わないようにしましょう。

テンプレートや雛形が使いたい放題、無料で活用できる書類定型文書ならテンプレートジャパンへどうぞ。
アコム、アイフル、プロミス、武富士、楽天、ポケットバンク、クレジットカード、消費者金融、三井住友、三菱東京UFJ、みずほ、りそな
ひな型、雛形、テンプレート、文書、書式、督促状、借用書の書き方、内容証明の書き方など解説、契約書類のひながた、ビジネス文書の定型文
  • このエントリーをはてなブックマークに追加