抵当権設定契約書 001



抵当権設定契約書

  テンプレ太郎 (以下、「甲」という。)と 雛型次郎(以下、「乙」という。)は、次の通り抵当権設定契約を締結する。
 

第1条  乙は、甲に対し負担する下記記載の借入金債務の履行を担保するため、甲に対し、乙の所有する別紙目録記載の不動産(以下「本件不動産」という)の上に順位○番の抵当権を設定する。

     金額       金○○○○円
     借入日     平成○○年○○月○○日
     弁済期   平成○○年○○月○○日
     利息   年○○%
     遅延損害金  年○○%

第2条  乙は、前条による抵当権設定の登記手続を速やかに完了し、その不動産登記簿謄本を甲に提出する。

第3条  乙は、甲の書面による事前の承諾を得なければ、本件不動産の現状を変更し、譲渡し、又は第三者のために権利を設定出来ないものとする。

第4条  乙は、原因のいかんを問わず、本件不動産が滅失・毀損したとき若しくはその価格が下落したとき又はそのおそれがあるときは、直ちにその旨を甲に通知する。
2.本件不動産が、滅失・毀損したとき若しくはその価値が下落したとき又はそのおそれがあるときは、乙は、甲の指示に従い、増担保若しくは代り担保を差入れ、又は第1条の借入金債務の全部若しくは一部を弁済する。

第5条  甲は、競売手続によることなく、適当な方法、時期、価格等により本件不動産を処分し、その取得金から諸費用を差引いた残額を法定の順序にかかわらず、乙の第1条の借入金債務の弁済に充当することができる。
2.乙は、前項の任意処分によるもなお残債務がある場合は、直ちに甲に弁済する。
3.乙は、甲からの請求に応じて、任意処分に必要な書類を直ちに提出する。

第6条  乙は、甲の請求に応じて、本件不動産の状況・価格について調査・報告し、また、甲の調査に必要な便益を提供する。

第7条  乙は、本件不動産に関し、甲の指定する金額以上の火災保険を締結し、第1条の借入金債務を完済するまでこれを継続し、その保険金請求権の上に質権を設定し、保険会社にその旨を通知する。
2.乙は、甲に前項の火災保険契約の保険証券を交付する。
3.甲は、保険金を受領したときは、弁済期のいかんにかかわらず、第1条の借入金債務の弁済に充当する。

第8条  乙は、第1条の抵当権に関する設定、解除及び変更の登記並びに本件不動産の調査及び処分に関する費用を負担し、これらについて甲が支払った金員を、直ちに甲に対し支払う。
 
以上、本契約成立の証として、本書を二通作成し、甲乙は署名押印のうえ、それぞれ1通を保管する。

   平成○○年○○月○○日

                     (甲) 住所  ○○県○○市○○○○
                         氏名  テンプレ太郎

                       (乙) 住所  ○○県○○市○○○○
                         氏名  雛型太郎


テンプレートの記載注意点


不動産関連の書類は、ひとつ間違うと大変なことになります。
専門家に相談して、しっかりとした書類を作りましょう。
また、抵当権と、根抵当権は違いますので注意してください。

テンプレートや雛形が使いたい放題、無料で活用できる書類定型文書ならテンプレートジャパンへどうぞ。
アコム、アイフル、プロミス、武富士、楽天、ポケットバンク、クレジットカード、消費者金融、三井住友、三菱東京UFJ、みずほ、りそな
ひな型、雛形、テンプレート、文書、書式、督促状、借用書の書き方、内容証明の書き方など解説、契約書類のひながた、ビジネス文書の定型文
  • このエントリーをはてなブックマークに追加