裁判でお金を返してもらう

お金を返してくれない相手には訴訟を起こすしかないでしょう

しかし、貸している金額や相手のもっている財産によって
訴訟のおこし方も変わってきます。

少額訴訟や差し押さえの仕方などきちんと勉強してから
訴訟を起こすようにしてください。

専門家に頼んで書類を作成したほうがよいケースもあります。

テンプレートや雛形が使いたい放題、無料で活用できる書類定型文書ならテンプレートジャパンへどうぞ。
アコム、アイフル、プロミス、武富士、楽天、ポケットバンク、クレジットカード、消費者金融、三井住友、三菱東京UFJ、みずほ、りそな
ひな型、雛形、テンプレート、文書、書式、督促状、借用書の書き方、内容証明の書き方など解説、契約書類のひながた、ビジネス文書の定型文
  • このエントリーをはてなブックマークに追加